TOP > 東京農工大学

東京農工大学 入試情報(早見)2017

<基本情報>
東京農工大学 東京都府中市晴見町3-8-1 学生数:3,815人

<学校紹介>
昭和24年、東京農林専門学校と東京繊維専門学校を包括して発足。大学名の通り農学部と工学部で形成。農学部では食料、資源、生命、環境の分野に取り組み、工学部では先端応用研究の実績できわめて高い評価を得ている。





<偏差値・センターボーダー得点率>
学部 偏差値 センターボーダー得点率(%)
農学部 68 前82・後84
工学部 61 前75・後79

※数値は大手模試が発表したデータのおおむね平均値です。


<学費>
学部 入学金 年間授業料等
全学部 282,000円 535,800円

<学部・学科紹介>
学部・学科 定員 特色
農学部 300 農学、生命科学、環境科学、獣医学分野の諸問題の解決
生物生産学科 57 生物学、化学、経済学を基盤とし、農産物の生産から消費まで諸学問の教育・研究
応用生物科学科 71 バイオサイエンス、バイオテクノロジーの分野で能力を備えた人材を養成する
環境資源科学科 61 環境保護学と資源物質科学の2大講座がおかれている
地域生態システム学科 76 森林と田園や公園、農山村と都市など空間をーつの「地域」として捉える
共同獣医学科 35 岩手大農学部と共同で設置し、それぞれのそれぞれの専門性を融合する
工学部 521 機械、構報、エレクトロニクス、化学、材料、バイオなどをカバーする8学科
生命工学科 77 生体機能工学、応用生物工学の2大講座がおかれている
応用分子化学科 46 先端応用化学大講座がおかれ、化学現象を真に原子・分子レベルで理解する
有機材料化学科 41 有機機能材料化学大講座がおかれ、新しい有機材料を自由に合成・解析する
化学システム工学科 35 環境エネルギー化学工学大講座がおかれ「化学の工学」の体系に基づく
機械システム工学科 116 システム基礎解析、設計生産システムの2大講座がおかれている
物理システム工学科 56 物理システム工学大講座がおかれ、物理学を基礎から体系的に学ぶ
電気電子工学科 88 システムエレクトロニクス、電子情報通信工学の2大講座がおかれている
情報工学科 62 情報環境工学、情報工学の2大講座編成である

<取得可能免許・資格>
農学部 学芸員、測量士補、獣医師、臨床検査技師など
工学部 学芸員など

<主な就職先>
農学部 東京都職員、千葉県職員、農林水産省など
工学部 日本電気、小松製作所、住友電装など





トップページに
戻って他の大学を調べる